こんなところで役に立つのぼり旗

準備

のぼり旗の制作
のぼり旗を最短納期で購入するメリットとして、必要な時に
すぐ手配できる利便性があります。

考えるのは大変

宣伝ツールとしてコスト抑えて作る場合には、比較的
耐久性の低いものが利用されます。

短期でデザインを変えることで集客力を持続させるのが
目的ですが、強い風などにより傷むことがあります。

そのような時にすぐ新しいのぼり旗を入手できるので、
集客機会を逃すことがなくなります。

このような機会損失を防ぐ工夫ができるのがメリットとなるわけです。

逆に言えば、その耐久性の低さがデメリットとなります。
劣化が早いのでしっかりと管理していなければ、
使い古された感じを与えてマイナスイメージを
与えてしまいます。

季節感

また、最短納期での納品を行なっている業者では
スピーディな製作が求められるために、インクジェットや
昇華転写などで対応しています。

これは生地の表面にインキを乗せる形になるので、
劣化しやすいというわけです。

太陽光の紫外線を受けても色落ちすることもデメリットになります。

色あせたのぼり旗はやはりマイナスイメージを与えてしまいます。
お店の運営状況が悪いと判断されるために、飲食店なら
美味しさをイメージできなくなります。

このような商品などに対する悪い印象を与えることになるのが
デメリットというわけです。

また、このような製作でプリントする場合には大量に注文すると
割高となりますし、また納品の時間もかかるようになることも
デメリットと言えます。

そのような点を考慮した上でのぼり旗を注文することが必要です。